S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

CHECK!

 STORE_newlogo.jpg
OPEN

ktg200px.jpg
PRODUCT ARCHIVE



Instagram

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2016.0502. 『独りカスタムショーPART.5』お礼

いつもありがとうございます。
本当にありがとうございます。
各種問い合わせいただいている方にも
順番に必ず返信をしていきます。少しだけお待ちください。
また、送金が完了している方も伝票処理及び梱包作業にて
お時間をいただきますのでしばしお待ちください。

発送は5月10日から順次開始します。
Shipping is starting from May 10.

Thank you, Thank you, always.
I have begun processing and packing.
Please wait just a little bit. 
Please Looking forward to the arrival of the luggage!

ITSUMO ARIGATO.


2016.0502. 『独りカスタムショーPART.5』info.

[ MY CUSTOM SHOW part.5 ]
独りで勝手にカスタムモデルを展開していく企画も
おそらく5回目になりました。
金型になっている既存のシリーズにレジンパーツや
カスタムパーツ用の型を起こしてみたりしながら、
個々のイメージを拡張していこう。という企画です。
レジンパーツの作品は、基本的に一度きりの販売ですので、
再塗りはありません。是非、ご検討ください。

今回の商品をご案内させていただきます。

【販売品 ①】
◉ロストモンキー『アーロン』"Where is moter ship?" ver.
Lost Monkey 『Aaron』"Where is moter ship?" ver.
IMG_3689.jpg 
IM_s.jpg 
鉄猿1号の『迷子のアストロノーツ版』です。
原型を作っていた時から温めていた、念願のアストロver.です。
是非。
=====================================
★補足★
このヘルメットの成形には本当に苦労したので
是非お伝えしておきたい事がひとつ。
IMG_3699.jpg 
球体の形状をクリアで成形するとき、画像のような
『ダレ』が発生してしまいます。職人さんに(本当に)頑張っていただいて、
最小限のダレで許容範囲の個体をピックしたところ40体が限界でした。
なので、若干のダレはご了承いただいた上で、ご検討頂きたくお願い申し上げます。
(画像の個体はNGにしています)
=====================================


【販売品 ②】
◉不倒王『鹿玉』&『鹿星』
ROLY POLY the BOMB custom "Deer ball" & "Deer stars"
FO_sika+2.jpg 
こちらは、転ばない王様の『鹿ver.』です。
今回は、台座も新しく変更しました。
頭と台座がレジンキャスト製になります。

【販売品 ③】

◉こだま『思考のプラズマ』
KODAMA "Thinking plasma" ver.

kodama3.jpg 
KIKKAKE TOYで一度だけ成形した幻のキャラクター『こだま』です。
レジンキャストのスカル台座を据えて、プラズマカラーで復活です。
今回の作品の中で一番変な空気が出ています。


【販売品 ④】

◉その他

etc..

他にも一点ものやブランクなど出土品を少し販売予定です。
お楽しみに。

kaishi.jpg


是非!


0502ima.jpg 


テスト

PVCとフローティングワッキーと私/最終回 ~僕のB級宣言~

『ワッキーボーイの使い方&V字スイコミ』

【使い方】
◆ラインスラッグを残しながら細かくシェイク
◆小枝にかけてのいわゆる『ちょーちん釣り』
◆あえてのダウンショット

...などなど

僕がよく釣れた状況としては
『ベタ凪での細かい波動』と『ちょーちん』です。

当たり前のつまんない言葉ですが、この魚が釣れた状況を
考えれば、自信をもって『ただの波動じゃない、このルアーにしかない何か』
が、あるような気がします。

移動ではなくロッドをたたいて振動を伝えるイメージ。

キモは「誘う」というより、自分がルアーになって、
巨大魚が泳ぐ海原で、恐怖に怯えながら必死にもがくイメージ。(←これ絶対釣れます。)

それが、表現できるルアーです。

『ルアー=罠』という意識を如何に消せるか。
罠ではなく『ルアー=自分自身』。

この境地に達する事ができれば『ブレード』や『ペラ』なんか
なくても、魚を釣る事ができるんです。

絶対、アクションが違うはずなんです。

話を戻します。

上記のような『点で釣る』パターンでは、魚がルアーを
よく見てから喰ってくるせいか、『スイコミ系』のバイトに遭遇します。
この時、浮力の強いアーム部分が最後に引き込まれるので、ルアーが
『V字』に折れて消えていく瞬間が見れます。

これを『V字スイコミ』と言います。
バイトの瞬間を是非見逃さないでください。

なんだか、文章がとっちらかってますが、

要するに、このルアーは
『オートマチックなルアーではない』ということです。
巻くだけでは、何もしてくれません。

『ペラ』も『ブレード』もついてないですしね。

楕円のヘッドを貫通した、1本ワイヤーが
両腕をヒコヒコ揺らすだけ。です。

これでも、僕にとってはよく釣れるルアーです。

僕は『釣れないルアーはない』という言葉が好きです。

でも、自分の中で制約がない訳ではないです。
『バルタン星人』にフックが付いていても、面白いと思いません。
うまく言えないけど、『ルアーっぽさの範囲』みたいなものがあって、
それのできるだけ『端っこの際』をカタチにしてみたいんです。

とはいえ、ワッキーボーイに関しては『ワッキーリグ』
という根拠があってのデザインなので、
(釣れる理由が、それと同じかどうか。は、魚に聞いてみないとわかりませんが)
既存の考え方をトップウォーターのスタイルの条件に落としこもうとしただけです。

なんつって。
なんか、大して作っているわけでもないのに、すいません。

要するに『よく釣れるルアー』は、たくさんあって、
十分足りているような気がするので、
『これで、釣れたら楽しいでしょ~』を担当してみたいのかもしれません。

そして、

『軽蔑されつつ、これで釣れたら楽しいでしょ~』が、

使う人によって、

『これ実は、よく釣れるんだよね』

に化けさせたい。

そんなルアーを作るのが僕の企みです。


............................................................................................................

この文章をキッカケに、ワッキーボーイを使ってみたい!
と思ってくれたら、嬉しいです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

KC3A0047.jpg


Tokyo Risky Life-3 ~諦めそうな友人へ~

拝啓

友人様

何となく察しはつきました。
あえて詳しくは聞かないでおきますが、
僕なりに思った事をかきますね。

僕が仕事が無くなって、どうにもならなくなったとき、
結婚して、不安で不安で再就職をしようとしたとき
(結局辞めましたが、、)
とにかく、最悪の状態から脱出できたのは、

『目の前の財産に目を向けたとき(気づいた時)』
でした。

当時の僕は、すべてを手放しましたが、
ルアーブランクだけは、絶対に手放しませんでした。
なぜなら、これさえあれば何とかなると本気で信じていたからです。

結果、なんとかなりました。
全てが無くなって、ルアーを作るしかなかったからです。

友人さんも目の前の財産を手放してはいけません。
それを持って、しばらく潜伏すればいいのです。

何回でもやり直せばいいじゃないですか!!
いくら最悪でも『0以下』に下がってはいけません。

マシンやデータを手放すことは『-(マイナス)』に
なることです。
『0』をキープするべきです。『0』の次は『+1』なんです。

僕にとって、創ることも重要ですが、
それ以上に大切なのは、『人と関わること』なんです。

『マシンや技術を持ってる人に関わって創ることが重要なのです』

電話一本で出来上がっても嬉しくもなんともありません。
友人さんと出会った事が財産なんです。

最後にもう一つ。
僕個人の意見ですが『肩書きに縛られると自分を息苦しくします』
ルアービルダーなんてものは、存在しないんです。幻想です。

ぐらい、思っていた方が、楽にルアーがつくれますよ(笑)
あのルアーは、スゴイんですから。

柔らかく生きませんか!

Let's Tokyo Risky Life! です!

なんつって!

Kikkake
BACK | HOME | NEXT