S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

CHECK!

 STORE_newlogo.jpg
OPEN

ktg200px.jpg
PRODUCT ARCHIVE



Instagram

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Wacky Boy CLONE-II

main0411.jpg

今年一発目のルアーは、昨年のデビューモデルから
少しバージョンアップした
『 Wacky Boy CLONE-II 』でございます!!!

と、いっても昨年のテスト段階から検討していた
もう一つの設定を反映したモデルです。
具体的に言うと、違いは二つ。

●固めの連結ワイヤー(0.7mm→1.0mmへ)
●フラッシング効果を狙ったペラ

を採用しています。

→『固めのワイヤー(1mm)』について

昨年は0.7mmで、より柔らかく弾力があり
目に見えて『ヒコヒコ感』があって、
分かりやすかったので、デビューモデルとしました。
弾力の違いを比べてみます。

hikaku-1.jpg

これが0.7mmワイヤーで、
空中だとかなり怠い姿勢です。
(撮影したのが、怠すぎてはじいたB品なのでちょっと極端ですが、、、)
アクション時の変形が大きいので
『動かしてる感』があります。

hikaku-2.jpg

これが1.0mmワイヤーで、支えている今回モデル。
空中でも、あまりダレずにハリがあります。
アクション時の変形が少ない分、
強い弾力で『細かい波動』が出ます。

この辺の表現を千葉のカリスマ店長的に言うならば、

昨年が『ややインポな先輩』で、今年が『思春期野郎』と言ったところです。

※↑この言い方、カリスマ店長に怒られたら、削除します。

冗談はともかく微妙な違いですが使用感が全然違うので、
両方とも正解とし、別モデル扱いで発売しようという結論にしました。

また、『ペラ』についてですが、これはそもそも
テスト釣行していて、『自分が飽きてしまうから』という理由で
思いつきで作ったバリエーション違いの一つです。

とはいえ、ペラの効果というのは、魚に対する効果や
人間のモチベーション的にも『約束されている感じ』があって
あまり頼りたくない。というのが本音でした。
あくまでもバリエーションのひとつとして展開したかったので、
今回の2回目の発売に合わせてみました。

ポイントは『音』や『泡』が目的ではなく『フラッシング効果』の
意識でゆっくりチロチロと回転させてみて欲しいです。

ソリッドピンクの統一感と、ペラの存在感で完成度も出てると思います。
今年の釣行における『究極の指名打者』になってくれることを願いつつ
以上で、ワッキーボーイ・クローンIIの簡単な紹介とさせていただきます。


また、今後も進化するワッキーシリーズのアイデアも控えております。
楽しみにしていてください!

●4月下旬発売予定です。

よろしくおねがいします。

R0012882.jpg






ライジャケつけて生きる | HOME | 元気が出る曲!

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |