S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

CHECK!

 STORE_newlogo.jpg
OPEN

ktg200px.jpg
PRODUCT ARCHIVE



Instagram

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PVCとフローティングワッキーと私/最終回 ~僕のB級宣言~

『ワッキーボーイの使い方&V字スイコミ』

【使い方】
◆ラインスラッグを残しながら細かくシェイク
◆小枝にかけてのいわゆる『ちょーちん釣り』
◆あえてのダウンショット

...などなど

僕がよく釣れた状況としては
『ベタ凪での細かい波動』と『ちょーちん』です。

当たり前のつまんない言葉ですが、この魚が釣れた状況を
考えれば、自信をもって『ただの波動じゃない、このルアーにしかない何か』
が、あるような気がします。

移動ではなくロッドをたたいて振動を伝えるイメージ。

キモは「誘う」というより、自分がルアーになって、
巨大魚が泳ぐ海原で、恐怖に怯えながら必死にもがくイメージ。(←これ絶対釣れます。)

それが、表現できるルアーです。

『ルアー=罠』という意識を如何に消せるか。
罠ではなく『ルアー=自分自身』。

この境地に達する事ができれば『ブレード』や『ペラ』なんか
なくても、魚を釣る事ができるんです。

絶対、アクションが違うはずなんです。

話を戻します。

上記のような『点で釣る』パターンでは、魚がルアーを
よく見てから喰ってくるせいか、『スイコミ系』のバイトに遭遇します。
この時、浮力の強いアーム部分が最後に引き込まれるので、ルアーが
『V字』に折れて消えていく瞬間が見れます。

これを『V字スイコミ』と言います。
バイトの瞬間を是非見逃さないでください。

なんだか、文章がとっちらかってますが、

要するに、このルアーは
『オートマチックなルアーではない』ということです。
巻くだけでは、何もしてくれません。

『ペラ』も『ブレード』もついてないですしね。

楕円のヘッドを貫通した、1本ワイヤーが
両腕をヒコヒコ揺らすだけ。です。

これでも、僕にとってはよく釣れるルアーです。

僕は『釣れないルアーはない』という言葉が好きです。

でも、自分の中で制約がない訳ではないです。
『バルタン星人』にフックが付いていても、面白いと思いません。
うまく言えないけど、『ルアーっぽさの範囲』みたいなものがあって、
それのできるだけ『端っこの際』をカタチにしてみたいんです。

とはいえ、ワッキーボーイに関しては『ワッキーリグ』
という根拠があってのデザインなので、
(釣れる理由が、それと同じかどうか。は、魚に聞いてみないとわかりませんが)
既存の考え方をトップウォーターのスタイルの条件に落としこもうとしただけです。

なんつって。
なんか、大して作っているわけでもないのに、すいません。

要するに『よく釣れるルアー』は、たくさんあって、
十分足りているような気がするので、
『これで、釣れたら楽しいでしょ~』を担当してみたいのかもしれません。

そして、

『軽蔑されつつ、これで釣れたら楽しいでしょ~』が、

使う人によって、

『これ実は、よく釣れるんだよね』

に化けさせたい。

そんなルアーを作るのが僕の企みです。


............................................................................................................

この文章をキッカケに、ワッキーボーイを使ってみたい!
と思ってくれたら、嬉しいです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

KC3A0047.jpg


千葉県/マキさんのケース | HOME | 箸休め ~Super Festival vol.54~ からのトミー

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。