S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
12« 2011/01 »02

CHECK!

 STORE_newlogo.jpg
OPEN

ktg200px.jpg
PRODUCT ARCHIVE



Instagram

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メンタリズムと超能力とグレー

すいません。

『ワンフェスinfo』でもなく、『サッカーアジアカップ』でもなく
本日、ここでは『超能力』で攻めます。

昨日あるつぶやきからこのイベントを知り、
当日券目指して新宿に走った次第です。

tvman10.jpg

目的は『森達也』氏。
僕は『職業欄はエスパー』や『A』など、
この人の大ファンで、しかもこの日は
今、メディアを騒がしているメンタリズムアーティスト
『DAIGO』とのトークセッション
(ウィッシュじゃない方ね)ってことで、いてもたってもいられず。
という次第。

僕の中の『超能力とは何か』という永遠のテーマの答えに
少しだけ近づいた感じです。

とにかく目の前で見ちゃったからね。
フォークがグニャっといくところ。

また、彼の『僕は超能力者じゃない』というスタンスが
新しく、『メンタリズム』という言葉も新鮮でした。

『超能力』と言われている分野において、
僕らはたぶん暗示にかかっている(であろう)部分や、
DAIGO君に言わせれば『全部、白なんですよ』と言いながら
パフォーマンス自体は『グレーのまま』
(仕組みを教えてはくれないという意味で)

なぜなら、彼らが食えなくなるから。。。。

という立ち位置が新しい。
少なくとも『もっと強く念じて。。。』的なオカルティックな
ファンタジーの側ではなく、科学であり、心理学であり
テクニックと知識で割り切れるんですよ。
という、別視点での物言いが彼のパフォーマンスを
新鮮に見せている。

彼らが言いたいのは、
『本物の超能力とは、僕らができないところにあるんです』
という事なんだろう。

いや~興奮した夜だった。

でも、もしかしたら
『僕らは超能力者じゃないんですよ』という前提が
既に『暗示にかかっている』のかもしれないね。

それぐらい僕は、無防備にこの世界が好きなんです。
今日もスプーン曲げの練習中。

110130.jpg

この話って『バスプロ』と『ただの釣り人』の間
の話にもにてるよね。
| HOME | NEXT